PROFILE

浦辺 登(うらべ のぼる)


昭和31年(1956年)福岡県筑紫野市生まれ。福岡市西区在住。
福岡大学ドイツ語学科在学中から雑誌への投稿を行うが、卒業後も東京などでのサラリーマン生活の傍ら投稿を続ける。近年はインターネットサイトの書評投稿に注力しているが、オンライン書店bk1(hontoに統合)では「書評の鉄人」の称号を得る。
現在は、近代史の研究を行い、数多くの史伝を世に送り出しているが、福岡を近代史研究の中心に置き、思わぬ人と人の繋がりから近代日本の盲点や謎を紐解いている。

主な著書は以下のとおり。

『太宰府天満宮の定遠館』弦書房 2009年
『霊園から見た近代日本』弦書房 2011年 
『東京の片隅からみた近代日本』弦書房 2012年
『アジア独立と東京五輪』弦書房 2013年 
『玄洋社とは何者か』弦書房 2017年
『福岡地方史研究 第56号』福岡地方史研究会 編(共著)花乱社 2018年「玄洋社員・小野隆助のこと」
『権藤成卿の君民共治論』権藤成卿研究会 編(共著)展展社 2019年
『福岡地方史研究 第57号』福岡地方史研究会 編(共著)花乱社、2019年「幻のオリンピック・ガネフォ」
『勝海舟から始まる近代日本』弦書房 2019年

講演実績 フォーネットリーダーズクラブ
ASKアクティブシニア交流会
夢野久作と杉山三代研究会
NPO法人 夢・大アジアにて
ハカタ・リバイバルプラン
かんもん北九州ファンクラブ
グローバル・経営者フォーラムin九州
福岡地方史研究会
夢野久作と杉山三代研究会
東郷神社春季大祭
福岡県護国神社・熊本地震復興支援講演会
福岡北ロータリー・クラブ
夢野久作と杉山三代研究会
博多ユーアイ・クラブ
福岡・浄土宗 圓應寺
玄洋社思想を護る会
向陽義塾
東郷神社誕辰祭
福岡フォーラム など